社会人で出会いを掴む社内恋愛の脈ありポイント【チャンスを掴もう】

過度な接触は避ける

メンズとレディ

少しずつ距離を縮める

男性や女性のみではなく、男女両方が働いている会社の方が圧倒的に多い状況なので、自然と社内恋愛でカップルが発生するケースは多くなっています。一緒に仕事をしていれば相手の魅力に気付くことが多くなりますし、昼食や歓送迎会などで一緒に食事をする機会も増えるので、社内恋愛からの結婚も視野に入れることをおすすめします。社内恋愛の中で好意のある異性に脈ありと判断できる雰囲気を感じた場合は、もう一歩踏み込んで告白に繋げましょう。脈ありと判断した場面ですでに恋人になれる近い位置にいるので、成功する可能性は高いです。ただ、自分では脈ありと判断していたとしても、相手は特に意識していないことも考えられます。ですが、告白ですぐに良い答えをもらえなかったとしても、相手に好意があることのアピールになるので、その後の展開に期待できるようになります。社内恋愛で脈ありと感じるため、好意のある異性にたくさん話しかけたくなることがあるでしょう。話しかけることが間違いではありませんが、相手が全くタイプではない場合はなかなか脈ありと判断できる状況にはなりません。また、過度に接触を試みてしまうと、相手が好意に圧倒されてしまうことも考えられます。ですから、社内恋愛をする際は過度接触ではなく、自然な形での接触を意識して少しずつ距離を縮めることが大事です。すると、相手の自分に対する行為は徐々にアップし、最高潮になれば告白されることもあり得るでしょう。